<

母は変わらない

姉が亡くなり

最後に会いに行ってお顔を見た時は涙を流していた母でしたが

以降は全く変わらず。

葬儀の前の日も、普通にカーブスに行ってきたし

姉の思い出話をすることもない。

 

20年前に父が亡くなった時は、

鬱状態になったり、私に暴言をぶつけたり

その後、亡くなった前後のことは記憶がないといい

謝ってもらうこともありませんでした。

 

今回は私の方から姉の話を振り

私も同じ病気なので今後どうなるのかわからない、と話すと

「は?同じ病気?」

と初めて聞いたかのような反応。

どうも受診日にも何も言わないと思っていたら

癌だという事は忘れ去っていたようです。

 

ちょっとびっくりして

元気な貴女を遺して行く可能性もあることを気懸りに思っている・・と伝えると

(実際、夫や息子に迷惑を掛けてしまうことになるのでは・・と危惧しています。

そこまでは伝えていないけど・・・)

その後からまた例によって機嫌が悪くなり

食事に呼ぶと黙って出てきて黙って食べ

ドアをドタンバタンしています。

 

あ~あ~面倒な人。

 

明日からまた仕事が始まって

顔を合わせる時間が減るのでありがたいです。

 

「鏡開き」ということでもないのですが

今日のおやつは温かいぜんざい。

温まった!

甘すぎず、美味しかった!

 

もちろん母にも届けました。