<

今日の採血は・・・ダメだった

乳腺外科、受診日でした。

まず採血。

年配・・・失礼!

ベテランの看護師さん。

「細いね~」と仰りながら刺す。

ん?出ない。

針先をグリグリ・・・あ、出てきた。

すこ~しずつ、すこ~しずつ。

針先グリグリしながら。

で、「大丈夫かな?」と量を見る。

「もう少しかな」ともう1回グリグリするも

もう固まっちゃってダメみたい。

「大丈夫かどうか調べてもらうから待ってて」と言われ、

採血した部分を押さえて待つ・・・・・・。

「遠心分離機かけてるから、あと10分ぐらい待ってて」

え~、先に化学療法室行って注射してもらっていいですか?と言うと

「採血の結果が出ないとダメなんじゃないの?」と仰る。

いやいや、注射はしてもらえます・・と言って

注射に。

化学療法室の看護師さんに「採血大丈夫だといいね」と見送られ

再度採血室へ。

「ごめんね、ダメだった。もう1回採ります」

ぎゃ~!!

今度は若手の看護師さん。1回でOK。

急いで診察の受付へ。

採血が遅れたから、先生に呼ばれるのもとても遅くなってしまいました。

 

やれやれ~、毎回採血は課題です。

 

そして、診察。

腫瘍マーカー(CEAとCA15-3)が先月から微増・微増。

入院時から何で高いのかな?と言われているCA19-9 も相変わらず高値。

「これは肝臓とか膵臓の方なんだけどね~」と仰りながら

先生がまた首を傾げる。

 

ついにやってきました評価の時!

(先月までまだ評価の段階じゃない・・と言われていましたから)

来月の受診時に造影CTをするそうです。

あ、あの身体中がぶわーっと熱くなるやつ。

そ・・粗相しちゃったかも、と焦ったのは私だけではないみたいです。

そして、造影剤を入れるルートがバン!!と弾けるやつ。

恐ろしい限りです。

でも

何だかわからないのもただただ不安なので

はっきりできるといいなと。

1か月後です。