<

母の手料理

今日から6月。

また1週間が始まりました。

夫も今日から通常勤務。

「5日も仕事したら疲れるなぁ」なんてふざけたことを!

 

久しぶりに隣県の私立高校のスクールバスも見かけました。

高校の授業も始まったようですね。

 

 

昨日の夕飯は鶏肉のトマト・チーズ煮込みを作りました。

トマトとチーズの組み合わせは間違いないですね。

 

コロナの影響でずっと家にいる母が

生協のお惣菜を温めるだけではなく

一から料理をしようと思い立ったらしく

今朝、フリーザーの中を物色して挽肉を見つけ

「今晩ロールキャベツ作っていい?」と。

もちろんです。

ロールキャベツはお得意で

以前はよく作ってくれました。

 

さて

母のロールキャベツは

コンソメスープで煮込んで

食べるときにケチャップを掛ける・・というのが定番でしたが

今日は既にスープが赤い。

ホールトマトを使った気配はないので

ケチャップを入れて煮込んだのかな?と思いきや

本人、ケチャップだと思って

夫が冷やしておいたトマトジュースを投入したらしい。

いえ、全然いいんです。

トマトジュースで煮込む、ってありじゃないですか。

でも、最初からそれを狙ったわけではなく

「ケチャップと間違えて」というのがミソ。

大きなペットボトルなのに、そこにケチャップが入っているの思ったというのがすごい。

業務用かっ!と。

で、キャベツは外側の固い部分を使ったようで

保温調理器を使ったそうですが

柔らかくなっていない・・・残念。

 

本人

変なもの作っちゃった・・を繰り返す。

いえいえ、いいお味だったよ。

滅多に感想を言わない夫も

「美味しかったですよ」と伝えていました。

トマトジュースの他に、ウスターソースも投入したようで、

いいじゃないですか~。

タバスコじゃなくて何よりです。

 

折角またお料理をしてくれる気になったのだから

褒めて伸ばさなくちゃ。

ちょっと子育て気分です。