<

診断と治療おさらい ①

外はポカポカと暖かく

いつもと何も変わらない春です。

コロナの感染拡大がなければ・・・。

コロナ・・身近に迫ってきました。

感染経路も予防の仕方も不明確なまま拡がっていく。

恐ろしい限りです。

 

お嫁ちゃんが4月になってからやっと在宅勤務になったそうです。

電車で都内に通勤しなくて済むだけでも良かった。

息子にはもう暫く頑張ってもらおう。

 

診断と治療のお話です。

(ちょっと今までの記事と被るところもあるけど)

乳がん、脳転移あり・・はお話ししました。

転移先が先に見つかって、ステージ4です。

ホルモン受容体陽性、HER2陰性の進行乳がんで手術不能。

治療目的は延命とQOL維持で

CDK4/6阻害剤プラスホルモン療法が採用されました。

抗がん剤治療はしません。

分子標的薬ベージニオの内服が1日2回。

フェソロデックス筋注1回2本を2週間ずつ3回行い、その後4週1回に。

治療を始めてから2回採血をしましたが

骨髄抑制や肝機能に大きな問題が見られず

(自分で感じる副作用もそれほどではなし)

ベージニオ150mgのまま続けています。

来週月曜日が4週目で採血・注射・診察があるので

そこで何か変わるかどうか。

 

転移性脳腫瘍については

定位放射線照射での治療をするとのことで

(なんのこっちゃです)

通院先の病院には定位放射線照射を行う「ガンマナイフ」という医療機器がなく、

(全国規模で見てもあまり数がないみたいです)

ガンマナイフを有している脳の専門病院を紹介されました。

乳がんの治療方針が決まる前に受診をと指示があり

1月末に受診。

脳外のドクターに持参したMRIの画像を見ていただいたところ、腫瘍が大きいためガンマナイフの治療適用にはならないと・・。

(乳腺ドクター、事前に自分のところの脳外にコンサルしてなかったの?とちょっと思ってしまった)

結局、紹介先の脳外で摘出手術をしていただくことになり(開頭!!)

2泊3日のガンマナイフで終わるはずが、えらいことになった・・・・と思いながらも

入院・手術日を決めて帰宅しました。

 

乳腺外科での告知も一人で受けたのですが

脳外も一人で受診し、手術についても一人で決めてきたので

脳外のドクター

「ご主人は腫瘍のこと知ってるの?」とちょっとビックリしたみたいです。

 

そんな始まりでした。

今年の初め、

まだコロナ騒動が大きくなる前のことです。