<

限度額適用認定証はありがたいです

ソーシャルワーカーとして患者さん・ご家族に手続きのご案内をしている

「限度額適用認定証」。

 

今回、初めて自分の手続きをして

ありがたさがよくわかりました。

手続きをしていなくても

高額療養費の部分について、一旦支払いをして後から償還手続きをする・・という事はできますが

戻ってくるとは言え、結構な金額を支払わなければいけません。

初めから上限額以上は請求されない、というのは安心です。

 

安心・・とはいえ

私のように2つの病院に入院・通院している場合はやはりそれぞれ限度額までのお支払いで

休職中の身には厳しいものです。

使っているお薬はものすごく高額で

前回の受診日に「足りなくなるから1週間分処方しておくよ」とドクターが仰り

1週間分を薬局まで受け取りに行ったら

40,000円近く😨

注射も高額なので、合わせたらものすごい金額に。

 

院外処方の場合

病院の支払いを合算していただけるので、

それは後から戻ることになりますが・・。

としても

去年まではかかっていなかった毎月の高額な医療費。

負担であることに変わりありません。

 

掛け金少額の医療保険には加入していて

入院・手術・放射線治療で少しだけでも補填してもらえたのは助かりました。

 

この頃、ネットなどでがん保険をお勧めされるけれど

今から入れませんものね😕

 

頑張って仕事しなくちゃ!!