<

心に響く「言葉」

高橋一生さんの舞台ネタ、続きます。

突然千秋楽となった27日の公演の最後に高橋さんが観客に向けて仰った「言葉」。

その全文が公式サイトに掲載されました。

最後まで走りたかったという無念の気持ちとともに

高橋さんの「芝居」に対する想いが

誰も傷つけず

様々な方に向けて語られていました。

静かな語り口の中に滾る熱い想い。

それを読んで泣いてしまった。

 

更に、高橋さんの想いに対するスタッフ・キャスト

ファンの皆さんのコメントが素敵で

また泣いた。

 

この「涙」は

怒りの涙ではないから

きっと心にも身体にも良い涙だと思います。

昨日は、当初の予定通り、Blu-ray、DVDのための撮影があったそうで

観客が一人もいない劇場で

キャスト・ミュージシャン・スタッフ・・全ての方たちが

全身全霊で「千穐楽」の舞台を務めあげられたそうです。

携わった多くの方たちのツイートに

誰もいない筈の客席なのに、確かに歓声や笑い声を感じた、と。

また泣いた~。

 

そして高橋さんの言葉は

嘘偽りのないご本人の気持ち。

だから心に響くのですね。

ご本人のお人柄まで見えて来るようです。

 

人の言葉をシレっと読み上げるだけでは何も伝わらないですよ。

(誰?)

 

本当に泣いて泣いて泣かされて

優しい気持ちにさせてくれた

「天保十二年のシェイクスピア」カンパニーの皆さんに

感謝感謝です。

 

新型ウィルスについてはこの先一体どうなるのか。

息子夫婦の母校である大学では

卒業式の中止と入学式の延期を発表しました。

この状況下、仕方のないこととはいえ

残念でなりません