<

母の教え・・でいいのかな

今日は夫は所用で都内に行っています。

母と二人。

 

母には、お菓子の他に

生協で牛乳とヨーグルトを毎週買っています。

 

15時過ぎ頃、

リビングで内職をしていると

母がドタンバタンとドアを開け閉めして

キッチンにやってきました。

 

ホットミルクを飲んだマグカップを洗いに来たみたい。

「洗った食器類はすぐに食器棚に戻さず、暫くテーブルの上に置いておいてください」

と書いたメモを冷蔵庫に貼ってあるのですが(言ってもダメなので)

ガチャガチャ洗って、フキンでサラッと拭き食器棚に戻す音。

これきっと「わざと」「敢えて」。

子供かっ!

 

ドタンバタンと部屋に戻って行ったので

濡れたままのマグカップを食器棚から出して

洗いなおしてテーブルの上に置いておきました。

 

さて、母のドッタンバッタンですが

子供のころから嫌で嫌で、そして怖くて。

その反動で

色々な動作を、意識して音を立てずに行うようになりました。

ドッタンバッタンはガサツさ・品の悪さ全開だけど

音を立てないのは優雅で上品だと思っているので

決して嫌味ではなく、お蔭さまでした。

 

実際

母とは真逆のことをしてきた事が

今は第三者からの評価に繋がっています。

変わらず言われることは

「○○さんはいつも平らで穏やかだね」

「笑顔に癒されるし安心する」

 

母には感謝しなければいけませんね。