<

すぐに自分の話になってしまう

どんな反応をするかは大体わかっていたけど

一応母に

甲状腺腫と言われたことを報告してみました。

反応が薄いどころではなく、それについては華麗にスルーで

自分自身の高校生の時の病気の話をし始めました。

それは70年ぐらい前の話ですね。

なるほど、わかりました。

今も昔も娘の病気に無関心な母です。

 

母は若い時から、機嫌が悪いと猛烈に働く人で

(色々雑だし、いちいち音が大きい)

今日も庭で何やら長時間何かをしていたので

母の部屋のお掃除がゆっくりできました。

通販で買ったものの段ボールがそのままだったり

鉢植えが乱雑に置いてあったりだったので

きれいに片付け、

そのあと美容院に行って

帰りに仏壇にお供えする羊羹を買ってきたり

(それまでお供えしてあった物は母のお腹に収まります)

したのですが、

「ありがとう」の一言もなく

華麗にスルーでした。

 

アッハッハ。

 

さて今日は

朝食はさつまいもの蒸しパン。

スイーツは、リンゴとラムレーズンのパウンドケーキ。

変な形。

これで紅玉が終わりました。

 

夕飯は

大根とひき肉の煮物と

キャベツと大豆・ハムのマヨサラダでした。