<

またとぼけた、そして嘘をついた

今日は健康診断のご報告などをしたかったのですが

家に帰ったら

ビックリなことが起きていたのでお話せずにはいられません。

 

帰宅し、なんかちょっと焦げ臭いような・・と思いながらも

まぁまぁ、夕飯たべましょうと。

夕飯後片付けをしていて

お味噌汁が入っていた鍋を洗っていたら

中が黒い、ところどころ筋がついている。何?

そして、外側の底

あちらこちら「これは火が出たよね」という汚れ。

これ、火事の感じだ・・と思い

部屋で寛いでいた母に

鍋空焚きした?と聞くと

「した」と。その後

わかったの?

お味噌汁作ろうと火にかけて

ちょっと部屋に戻って目を離したすきに火が出ていたと。

え?空焚きではないの?

空焚きはしていない。

さっき空焚きしたって言ったよね? ・・言ってないでしょ。

は?

そして

鍋に野菜とか水とか入っていたの?と聞くと

そうだと。

 

それが焦げるということは、相当長い間目を離していたよね。

「ちょっと目を離した」というレベルではないよね。

え?そうかな・・・・と。

 

とぼけるし、嘘をつくし

今回の件、あわよくば「なかったことに」しようとしていたし。

 

こんなこと初めて・・と言うけど

初めてじゃない。

前にもあったし、その時は私が気づいて事なきを得ました。

 

お鍋やフライパンを火にかけてその場を離れることは以前からありました。

 

大事に至らなかったのが不思議なくらい。

またもし同じようなことがあったら、もう平日の夕飯の支度もしないでください

と伝えました。

 

火事になってもおかしく無かったと思う、

と伝えても

そんなこと~とヘラヘラ。

 

台所のことだけじゃなくて

毎日あげているお線香も実は恐くて

フローリングに焦げ跡がいくつか。

 

もうどれもこれもやめて欲しい。

何もしないで!と言いたいところです。