<

日常ということ

こうも度々

自然の恐ろしさを見せつけられると

毎日変わらずやって来ると思っている「日常」が

ある日突然断ち切られることもあるのだと思い知らされます。

だから

こうして何も変わらずに普段と同じ生活をおくれることは

あたりまえではなく、とても幸せなことなのだと。

 

東日本大震災の後にも感じたことでした。

壁に亀裂は入ったけれど、倒壊はしなかった。

 

母との揉め事も本当に些細なことだと感じます。

 

そんな中での昨日の夕飯。

鶏ひき肉とひじきと豆腐のハンバーグなど・・・は写真を撮るのを忘れました。

 

それをアレンジしての、今日のお弁当。久々ニンジンのグラッセ。

 

「実家の方は大丈夫だった?」なんて同僚に声を掛けてもらった

3連休後の職場でした。

料理, 生活

Posted by fuu-tan