<

自然の猛威

たくさんの爪痕を残して台風が通り過ぎていきました。

利根川が危険水位に近づき、

私が住む町でも、警戒レベル4の避難勧告が出ました。

日付が変わる前に雨がやんで、なんとか決壊は免れましたが

本当に「今まで何もなかったからこれからも・・」ということは

ないのだと痛感しました。

実家があった長野では、千曲川が氾濫して多くの被害が出ています。

姉の家の辺りは特別警報が出て、今も停電したまま。

以前も自然災害で停電したことがあり、その経験が役立っているそうです。

 

息子の家は大丈夫でしたが、多摩川が氾濫して友達は避難したと。

夫の実家は何事もありませんでした。

 

今日は朝から晴れましたが、まだ台風の風が残っています。

 

昨日一日何もすることがなく部屋に籠っていた母は、

朝から嬉々として庭掃除をしていました。

 

お向かいのお宅の植木鉢が一つ、道に転がって。

 

自然は恐い。

被害に遭われた方々が、一刻も早く元の生活を取り戻されることを祈るばかりです。

生活

Posted by fuu-tan