<

今回は怒りより悲しい

温泉から帰ってきた後の母は

姉に子どもの頃のことをチクチク言われて

とても居心地が悪かった。

今更そんなこと言われても・・の繰り返し。

 

そこで全く出てこない話があります。

 

姉は9年前に乳癌の手術をしました。

母には黙っていようということになって

(もちろん母が心配するだろうからという姉の配慮です)

その後は、一緒に山歩きが出来るまで元気になりました。

でも

今年になってから、強い薬を使いだしたと。

息子の結婚式の時のヘアスタイルもいつもと違っていて

あれ?ウィッグ?と。

もちろん、お洒落で使っているということもあるのでしょうが

やはり、副作用で髪が・・。

 

この間のお泊り。

姉が母を温泉に誘ったことの意味を考えた時に

少し怖くなって・・・。

 

帰って来た時に母に話そうかと思い

姉のヘアスタイルについて聞いてみました。

あぁ、あれね。

姉の家で夜寝ていた時に、犬が母の部屋に突然入ってきたそうで

それを追いかけて来た姉の髪がすごく短かったので

「かつら」だと気が付いたと。

気が付いたのはそれだけ?

姉が身体が辛そうなのは気が付いていたようではあります。

ただ、ちょっと太り気味なのでそのせいだと思ったようで

髪が短いことが何を意味するのかは気が付かなかった。

 

ある薬の副作用であることを説明しました。

 

何が悲しいのかと言うと

その話をした後も

姉がうるさかったことしか言わない。

姉を心配する言葉はひとつもでてきません。

 

私たち姉妹に対して、愛情の欠片もないのかと

それが悲しくて仕方がないのです。