<

助けて・・と言ってしまった

今朝

お弁当を作ろうとして、ハタと気づきました。

お弁当用に作って冷蔵庫に入れておいたおかずがない。

あれ?

 

もしかして食べました?と母に聞くと

食べたよ・と「当然でしょ」的ニュアンスで一言。

何故なら、冷蔵庫の一番下の段に置いてあったから。

 

冷蔵庫の一番下の段の左端に母のためのヨーグルトをいつも置いています。

おやつや夕飯の残りのおかずなど

日中母に食べてもらって良いものは、ヨーグルトの横に置き

一声掛けるようにしていました。

 

今回は

一番下の段であっても右端に置いておいたし

食べて・とは一言も言っていません。

それでも、当然のように食べてしまった。

そういえば、前にも同じことがあった。それはケーキ。

2つ置いてあったケーキを、ものの見事に2つとも食べてしまった

 

そうかと思うと

「いいと言われなかったから、食べたいのに我慢した」言われることもあって

 

どこで線引きされているのか、皆目見当がつきません。

 

時間節約のためにあらかじめおかずを作っておいたのに

時間のない朝に

何か作らなければならなくなり

母のことでおそらく一番我慢してくれていて

一番愚痴をこぼしてはいけないはずの夫に

「もう、助けて~」と震える声で思わず言ってしまった。

 

一番下の段には何も置くまい・・と誓った朝でした。

 

そして今日帰宅してから

明日のお弁当のおかずを一品作りました。

 

ジャガイモと合い挽き肉と枝豆のみそ肉じゃが~。

 

因みにこれは昨日のお弁当です。