<

言うべきことは言った方がいい・・かな

夫とは、結婚後30数年の中でほとんど衝突したことがなく

ちょっとこれは、と思うことがあってもグッと飲み込むと

それで済んでしまっていました。

今までは・・。

 

夫の仕事が変わり

帰る時間が早くなってから

今までよりも顔を合わせる時間が増えた。

 

それって、ちょっと・・って思うことも増えるということですよね。

夫は結構、私や息子のの話に対して「そんなこと・・」と否定的な言葉で返すことが多く

家族だけならばともかく、外でもそんな調子だと困るなと。

 

特に今の仕事は、相手の言うことを「傾聴」し「受容」した上で、

「こういう考え方もあるよ」と

否定するのではなく、

違った考えもあることを提示する、ということが必要な場面も出てくるはず。

できているのかな、と心配になることもあります。

 

今夜も少し否定的な言葉が出てきたので

「私の話に否定から入ることが多いよね」と言ってみました。

気づきを促すことも必要かと。

50歳を過ぎた人、特に男性は

そういうことを意識し、変えていくことが難しくなっているとは思うのです。

ただ、これから資格を取ってやっていこうという

前向きな気持ちがあるのならば、変わることはできるはず。

 

嫌なおじさんまっしぐらにならないように

今まで飲み込んでいたことを、

飲み込まずに吐き出すこともしていこうかな、と思います。

 

今までの山あり谷ありの人生の中で

結構な内助の功だったことは

自負しているんですよ。

 

それは多少気づいているはず・・・気づいているかな

気づいているといいな⤵