<

子供に言ってはいけない言葉・・姉編

ここのところ母のことばかりですが・・。

 

息子の披露宴後のこと。

義兄が用事があって宿泊をしなかったので

姉に母と同室での宿泊とお世話をお願いしました。

 

久しぶりに長い時間を一緒に過ごして

母のテキトーさ加減に怒り心頭だったようです。

 

だから朝食の時も母に対してお怒りモードで

子どもの頃の話を少し。

 

風邪を引いて夜中に咳をしていたら

「うるさい」と言われた。

うるさくないようにと子供ながらに考えて

力を入れずに咳をするように工夫してみた。

ちょっと長患いの方の咳みたいな「コホコホ」という。

それを聞いた母から、今度は

「気持ち悪い子だね」と言われた。

 

私が、怪我で血が止まらず貧血気味で横になったときに

目障り・・と言われたのと重なります。

 

数々の名言を残していますね。

姉が「友達にこの話をすると、りっぱな虐待だと言われる」

と言われた母は、うんざり顔で

やはり何も響いていない。

「私も余裕がなかったとは言え、辛くあたってごめんね」ぐらい

言えないのかなと。ウソでもね・・・。

 

姉は、母と同居している夫と私に、ほんとにごめんね、といつも言い

気遣ってくれます。

同じ思いをして育った姉がいて、気持ちを共有できるから救われる。

 

姉は今でも

「コホコホ」という力のない咳をします。

「クセになっちゃった」と笑いながら。