<

役割分担も楽じゃない

両親と同居を始めた時(息子が3歳になる少し前)に家事の役割分担をしました。

息子が小2の時に私が以前の職場からお誘いいただいて復帰。

その頃の母は今の私より6歳程上でまだまだ動けるお年頃。

朝食とお弁当以外の料理は母にお願いし、洗い物は父。

(父が現役で働いていた時から、なぜか洗い物は父。ちなみに母は結婚当初から専業主婦でした)

更に庭の手入れは両親にお願いしていました。

 

父が亡くなったあたりから少しずつ母の分担を減らし、

現在は食事面で言うと

平日の夕食は母。休日の昼食は母か私で・・。

洗い物は私がします。

母が洗うのは平日の自分の昼食に使ったものと

同じく自分のおやつに使ったマグカップなど。

(洗い残しあり。指摘するとご機嫌斜め)

 

高齢者も家庭の中で役割を持つことは大切だと言われているし

母も、家族の役に立っているという自負があるようです。

ただ、凝った料理はもう大変なようなので

1週間に1度生協の宅配を利用しているのですが

焼いたりレンチンしたり、湯煎したり、そのまま盛り付けたりできるものを

1品は使ってもらうようにしています。

 

献立は母が考えます。

(献立と言うか、使う順番・・)

今日の夕食は、酢豚と春雨サラダ。

春雨サラダはきゅうりだけ切って、和えるだけ。

酢豚は・・・・・

「これは湯煎?」と聞くと

「解凍しただけ」と。

既に捨てられていた外袋を確認すると

「加熱してありません。10分ほど湯煎を」と書いてある。

そう、母は「召しあがり方」のところを全く確認せずに

なんとなく雰囲気で食べ方を判断することが多いのです。

 

小さな丸い「ごぼうのコロッケ」が煮物になってでてきたり

(がんもどきだと思ったらしいです)

餡が入った「胡麻餅」(おやつ)がコロッケとして登場したり

結構な頻度でやらかしています。

が、いくら「作り方を読んでください」と言っても

「はいはい、わかりましたよ」と言うだけ。

 

今日も何故自然解凍で良いと思ったのかを聞くと

「野菜が入っていたから」と謎な回答。

 

色々と不安なので

「食事の用意も大変だろうから18:30頃帰宅してから作るので遅くなってしまうけど私が・・」

と何回か言っているのですが

母は本来は夕飯は18:00に食べたい人で、

18:30まで待っているのでさえちょっと不満なこともあり

もちろん役割を持っていたいこともあって

「夕飯の用意しなかったらボケちゃうからいいよ。やらせて」と。

 

今日も

「作ってもらっているのにこんなことを言うのはどうかと思うけど

見た目だけで判断せず、作り方は確認してください」とお願いし

また、イヤな顔をされました。

 

もう本当に面倒。

仕事で疲れていても、自分でやっちゃった方が気持ちが楽!