<

「たこのおひま」じゃないよ

「凪のお暇」(なぎのおいとま)というドラマが始まりました。

大人気の漫画の実写ドラマ化だそうで

 

黒木華さん、高橋一生さん、中村倫也さんという主要キャストが発表されると

イメージに合わないと、原作ファンの方々からブーイングが。

 

高橋一生さんについては、原作の年齢よりだいぶ上だったり

インテリで優男の役柄が多いのでこれは違うとか。

 

原作ファンの作品に対する思い入れはよくわかります。

でもイメージってなんでしょう。

この役は○○さんの方が合う・・とかよくあるけど

結局そういう役ばかりだと、イメージが固定してしまって

そうこうしているうちに「何をやっても○○」みたいなことに成りかねない。

色々な役をこなして、見ている人をあっと言わせるのが真の役者さんでは?

高橋一生さんのこれまでの役柄って実に幅広いのよ

と思っておりましたら

 

第1話の放送後

称賛の嵐です。

ほらほらそうでしょ?(何目線)

上手い役者さんが揃うと、本当に面白いですね。

 

見ていて苦しくなる場面も多々あるけれど

2話以降も楽しみです。