<

嫌味な言い回しは一生治らない

人は変われる・・と思っていますが

自分で変わろうと思わなければ、もちろん変わらない。

 

昨日は蒸し暑かったけど、窓を開ければ風が抜けていくのでそれで過ごしていました。

 

お昼の後、母がリビングにやってきて

「暑くないの?」といきなり喧嘩腰な言い方。

は?何事?と思いながら「暑くなってきたね」と答えると

「エアコン使っていないじゃない。」

え?それが何か?と思ったら

「私は使いたいの!でも私だけ使えないじゃない。

電気代かかるし!悪いから!」

って、

ちっとも悪そうには聞こえず、腹を立てているだけで。

シーズンオフに掃除してコンセント抜いて

リモコンの電池も抜いて仕舞っているから

それを私がちゃんと使えるように準備して

「はい、どうぞ」と言わなければいけなかったみたい。

リモコンに電池入れてコンセント入れるぐらいできるはずだけど

私がやるべきことのようです。

 

年々猛暑になっていくし、

毎年、我慢せずエアコンを使うように言って、更にスポーツドリンクも常備(母しか飲みません)

している。

電気代のことなんて一度だって言ったことないのに

何の言いがかりかなぁ。

先回りして使える準備をしなかった私も悪いのかもしれない。

今年はずっと気温が低かったから油断してました。

 

でもだったら

「エアコン使いたいから、お願い」って普通に言ってもらえればいいことなのにと。

一事が万事そんな感じ。

一度身についた「嫌味な言い回し」は今更抜けないみたいです。