<

いや、ストレスの原因は仕事じゃない・・

やはりよく考えると

「ストレス」と感じるのは主には母との関係だと思うのです。

【ストレスから解放されたときに急に血管が拡張し、仕事のない週末などに「片頭痛」が起こることもある】

ということの逆で

ストレスから解放された職場で頭痛が起きていたのではないかと。

 

今朝

キッチンバサミを使おうと思ったら、刃の部分に醤油のようなものがついている。

母が一人の昼食でラーメンを作った際に液体のタレが入った小袋を切ったのでしょう。

「切れ目」ついているけど母は見えないからハサミを使います。

何かがついたまま仕舞うと錆の元になるから

「拭いて」とは言わずに調理台の上に「出しておいて」といつも「お願い」しているのですが。

 

今朝もまた「お願い」したら、あっという間に不機嫌になりました。

母のように上から言うのではなく、意識して「お願い」するようにしているのですが

それでもダメみたい。

きっとまた、何を言われたのかは忘れてしまって

私から「文句を言われた」ということだけが残るのです。

 

私もいい加減本当に諦めればいいのに・・😵

 

加齢とともに若いころからの「人格の歪み」が更に強固なものになっているようです。

(歪んだ背景に何があるのかはまたお話しますね)

それに加え、やはり認知症は緩やかに進んでいると考えた方が良いですね。

「言えばわかる」はもうだいぶ前から通用しないし、

姉や私が言うことを、「悪く」捉える傾向もずっと前からだけど

いよいよそれが強化されているのは、そういうことですよね。

 

母との会話の後や自室から出てきて大きな音を立てられた時は

胃の辺りに鈍い痛みが起こり

最近はそれが長く続きます。

 

母は

「長生きしすぎて悪かったねぇ」とか「行くところがないから一緒に住んでもらって悪いねぇ」

などとよく言います。

そういうことを言われると悲しいから言わないで、それは言ってはいけないことだと思う・・

と私は言うのだけれど

まったく母には伝わらないようです。

 

自分の人生、台無しにしたくないから、母と楽に付き合う方法を考えましょう。

ブログに母のことを書くことで、改めて母との関係に向き合い、気づきがあったのだと

思います。

 

いつもお付き合いいただきありがとうございます。