<

超高齢社会

超ナントカ・・なんて少し前(今も使っている?)の若者ことばのようですが

「65歳以上の人口の割合が全人口の21%を占めている社会」を指す正式な用語。

そして今の日本はまさにその真っ只中にいます。

夫の母は90歳超え。認知機能の低下はありますが

「認知症」ではなく、思考はクリアです。

今は平日にショートステイを利用し、週末は一人暮らしの自宅に戻る生活。

とは言え身体機能は確実に衰えており、家事をこなすのは大変。

夫と夫の兄が(男二人兄弟です)、一泊ずつ交替で泊まっています。

なので週末にお出掛けなどの予定は入れられない。

「娯楽費」の予算はないから、特に問題はないですが。

我が家は我が家で80代半ばの私の母が同居していますが、こちらも元気。

介護の負担がないのはとてもありがたいことです。

週に1回実家に泊まりに行っている夫はそれなりに負担なようですが、

私はと言うと、一人の夜も悪くないな(母は早い時間に自室に籠るので)と。

いびきにも悩まされないし。

結婚生活も長くなるとこんなものです。

あら、超高齢社会というタイトルからそれちゃいました。

義母はショートステイの利用はそろそろ終わりにして

自宅できままに毎日を過ごしたい、と思っているようです。

日中はデイサービス利用やヘルパーさんに入っていただけば良いのですが

夜間にひとりは心配。

だからと言って毎日誰かが泊まりに行くのも・・・。

年老いた親のお世話・・・悩ましい問題ですね。

そして、そうこうしているうちに私たちが「年老いた親」の仲間入り。

生活

Posted by fuu-tan